2011夏休み

今年は7/30~8/5までの夏休み。
をやっていなければ、もっとゆっくり出来たのだが、少々忙しい休みだった。
画像

食事を中心に簡単なレポを。

7/30
福岡空港経由で玉名の実家へ。福岡空港まで両親が迎えに来てくれて助かった。
夜は玉名駅近くの居酒屋兆治で一献。
意外といっては失礼だが、料理もしっかり作られていて、大変優良な居酒屋だった。
今回は残念ながらカメラを失念してしまったが、次回はしっかりレポしたい。

7/31
この日は菊池市で行なわれる卓球大会に母親が出るという。
「恥ずかしかけん、来んでよか」
という母だが、暇なので応援に行くことに。結果、個人戦でも団体戦でも優勝したという事実
今秋熊本県で開催されるねんりんぴっくには、熊本県代表としてで出るそうで、是非頑張ってもらいたいぞと。

菊池市のうどん店で食べたカレーうどん
画像
九州はラーメンだけでなく、うどん店も多い。しかも美味いのだ。

8/1
熊本市内で卓球の練習がある母親を送り、ぶらり市内見学。
昼は健軍にあるサンロードシティ内の庄屋で。嫁子供同伴だと、食事処が限られてしまうという事実(^^;

かつ丼
画像
まぁ、普通に美味いということにしていこう(笑)

実家では野菜を栽培している。 庭でちぎればすぐに食卓に出てくる。
画像

画像
見た目は悪いが、採れたての野菜は格別に美味い。
   
8/2
母方のお婆さんを連れて、今年3月にオープンした大牟田のイオンモールで買い物&ランチ。
田舎のイオンはハンパなく巨大だった(^^;

築地食堂 源ちゃん海鮮丼
画像
東京から帰省して築地もどうかと思うが(笑)、酢飯がとても美味かった。

8/3
嫁と子供を連れて福岡旅行。友人ひろえす殿にご案内いただく。

万十屋もつ鍋ランチ
画像
ここの鍋は、我々が知っている一般的な博多もつ鍋とは違い、すき焼き風のもつ鍋である。
正確にはもつすきというジャンルのようだ。

ちゃんぽん麺を投入したかったが、スペシャルな夜が控えているのでぐっと堪えた(笑)
画像
しっかし、ここのおじやは昇天してしまうぐらいに美味いぞと!
嫁と子供も大満足の万十屋だった。

百道と書いて(ももち)にある福岡タワー見学。
画像


123mの展望室から市内と、金印が発見された志賀島周辺が一望できる。
画像

画像

その後、タワー下の人工海岸で水辺の遊びを経て、福岡ドームで記念撮影。
画像


夜は居酒屋福と決まっている。レポートは別ページで。

居酒屋福に酔いしれた後、嫁と子供をキャナルシティ内のワシントンホテルの送り届け、ひろえす殿と中洲のスナックで一献。

その後、地元の早良区に戻り、風靡というラーメン店で〆る。
画像


ラーメン
画像
ど乳化したトロトロのスープ

画像
麺はさほど細くはないが、一般的な博多ラーメンの麺。
「当店は長浜という字を名乗っているが、自分はそうでないと思っており、実に悩ましいラーメン店。」
というひろえす氏のいうとおり、ラーメンとしては十分に美味しいのだが、長浜という字を使うと違和感があるのが分かったのは翌朝である。

8/4
朝食はこちらで。
画像


ベタカタ(油多め+麺カタメ)
画像

画像

前回の訪問時は散々な結果だったが、今日のはどうして、かなり良いデキである。6点満点中4.5点。

筆者もこちらには5度ほど訪問しているが、博多ラーメンとの違いを意識して食べたことは無かった。
が、昨日の風靡も然り、今まで食べてき博多長浜ラーメンとは異なるし、ひろえす氏が「長浜を謳う多くの店に違和感がある」といのが理解できた。
正確かどうかは不明だが、博多ラーメンと長浜ラーメンの違いを説明している方がいたので参考まで。
例えが適当かは自信がないが、サンポーの焼豚ラーメンは、むしろ長浜ラーメンに近い気がする。

エスコートいただいたひろえす殿とはここでお別れし、嫁と子供と合流。
九州に唯一あるコストコ久山店に立ち寄った後、学問の神様がいる大宰府天満宮に初訪問する。
画像


大吉を引く豚児
画像
ここの空気を吸うと、不思議と偏差値が上がったような錯覚に陥るのは私だけだろうか。
私の学生人生が不遇であったのは、ここに来ていなかったからに違いない。

菅原様には、子供がしっかり学業をやるようにお願いしておいたが、当の本人に「何についてお願いしたの?」と聞いてみたところ、「オネガイってナニ?」とのこと。
愚息には一から教育を教え直さねばならないようだ・・・。

8/5 最終日
今夏も夜な夜な起きてカブト虫を捕りに出かけた。かなり良型のカブトがゲットしたので、東京に持って帰って飼うことにした。
画像

母が新玉名駅(徒歩12~3分)から九州新幹線に乗って博多まで行きなさいといので、乗った。確かに博多まではあっという間だったが、重い荷物を持っての乗り換えが面倒である。やはり高速バス1本が便利。

ということで、甚だ簡単な簡単な夏休みのレポートでした。

"2011夏休み" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント