8/12 韓豚屋 (ハンテジヤ)→ 唐桶屋 → あたり屋

今日も今日とて飲み会である(殴)長い休みの反動というのか副作用というべきか。。。

今日は結果的にため吉様からのお誘いという形になり、最近彼女がハマっているという韓国料理を食べに行くことに。
本当は大久保の行きつけの店に行きたかったみたいだが、ちと他の参加者が遠いということで新橋の韓豚屋という店を予約してもらった。
画像

トタンの壁や雑多に置かれた雑貨などがアジア方面のフードコート的情緒を上手く演出しており、個人的には気に入った。
また、客の多くが女性だったが、女性と会話すると全身硬直してしまうな筆者ですら、ふと隣のテーブルの女性に話しかけたくなるような開放的な雰囲気もある。
そっち系が好きな方は、それを目当てにきても良いかもしれない(殴蹴叩)

キムチとナムルの盛り合わせ
画像


サムギョプサル(豚バラ肉を石の上で焼く)
画像

画像

ハサミでちょきちょきっと♪
画像


オジンオボックム(イカの甘辛いチャプチェ)
画像


チムマンドゥ(蒸し餃子)
画像


マクちゃんとシマちゃん(ホルモン焼)
画像


イカとニラのチヂミ
画像


食べ物によっては味付けが独特(濃い・甘い)なので好みが別れるところと思うが、総じて美味いと思った。
飲み物もホッピーあり、角ハイボールありだから全く問題ないが、マッコリの量がメニューの表示量より少なく感じたのは気のせいか(謎)
また、チャミスルとかいう焼酎(22度)を水のように飲む方がおられたが、お後がイクナかったようで・・・(謎爆)
といった感じで、満足の店だった。
大久保の本場の店にも行かねばならないが、当店にもまた是非行ってみたい。


その後、2時間ほどの発声練習を挟み、韓豚屋目の前のあたり屋へ(殴)
こちらの店、以前はラーメン専門店だったが、移転してから「もつ鍋」をメニューに加えてしまったものだから、やたら回転が悪くなってしまった。
(今日も20分弱待たされてしまったという・・・)

ラーメン
画像

店はこのラーメンを久留米ラーメンと言っているが、スープも麺もいずれも久留米とは違う。
スープはややクリーミーで臭みを排除したもの。麺は博多系の極細麺。
食べ進むうちにスープのコクが弱くなってしまうのが惜しいが、小麦風味のある麺との相性もなかなかに良く、
飲み後の仕上げには十分に耐えられる味だ。東京ではね(笑)

連日のフルコースでベルトの穴ぐぁ・・・(;´Д`)

お店DATA:
- - - - - - - - - - - -
韓豚屋 新橋店 (ハンテジヤ)
住所 港区新橋2-3-7 新橋第2中ビル 1F
電話 03-3595-6611
定休 日・祝
- - - - - - - - - - - -
あたり屋
住所 港区新橋2-2-4
電話 03-3502-6689
定休 日

"8/12 韓豚屋 (ハンテジヤ)→ 唐桶屋 → あたり屋" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント