1月17日の散歩

画像

画像

画像


コース【インド料理AMIN、芝浦】
距 離【3.10km/本日、35.38km/月計、145.20km/総距離(2006.11~)】
メ モ
 「可愛いふりしてあの娘、わりとやるもんだねと・・・」
 意を決して宿題の店であったインド料理のAMINさんへ。ここは我が社から浜松町寄り約800m(約10分)のところに位置する。店の外観は例の中華面点研究所「紫禁城」と比べても見劣りしないほどに素晴らしいものがある。息をのんでおそるおそるドアを開けてみると、「いらっさ~いませ」と笑顔でインド人と思しき店主が迎えてくれた。30名が入れるという店内に先客はリーマン2名。店内を見渡すと、これまたお見事。世間を騒がせた耐震強度とか、そういうことを語るレヴェルの次元でないことは写真をみても理解できるだろう。さて、ランチメニューを見ると、カレー、オムライス、しょうが焼きを用意しているようだ。もちろん今日はカレーを食べるつもりで来たので、ビーフ、チキン、キーマ、ベジタブルの中から選ぶことにした。「すみません、こちらのお店のカレーは辛いですか?」と種類も特定せず、的確でない言葉で質問したところ、「はいビーフカレーね」とにっこり笑う。「ああ、そうそうビーフカレーです。お願いします」とか言ってしまえる、いい加減な私にぴったりの応対でこれも良かった。店内を見渡したりして待っているうちに、先客のリーマンは食事を終え「ありがとございました。バイバイグッバーイ」と見送られて店を後にした。店員と二人になり、時折厨房から視線を感じながら緊張すること数分、私のビーフカレーが出来上がった。カレーのお味はスパイスを多用したもので粘りが少なく、さらっとしたもの。辛さは大変適度である。何の味といわれても難しいが十分に美味いカレーだ。もう若干コクがあれば私の好みだ。しかし驚いたのはビーフの量。脂が載って柔らかくジューシーな肉がゴロゴロ入っている。10個ぐらい入ってるんじゃなかろうか。それだけでもかなりの食べ応えだ。また、新鮮さがわかるサラダもフレンチドレッシングで食味良く、ご飯の味も良い。
 私が食事していた7~8分の間に店員さんは5回程ドアを開け、誰もいない道路に向かって「いらっしゃいまーせ、やってますよー」と力なく声を出す様は痛々しくて見ていられなかった。また、この素晴らしいカレーが650円かと思うと、たいへん申し訳ない気分になってきてしまった。あらゆるパフォーマンスにおいて凄い実力誇るインド料理AMIN。再訪は近い。
 ※ 壁に貼ってあった夜のメニューにも驚愕。インド料理コース2,800円で飲み放題つきですと!すごすぎる。また、タンドリーチキンを始め、単品料理は全て300円か200円、いいちこやJINROなどのボトルにいたってはなんと1,000円(ボトルキープあり)ですよ!なんということだ!!

"1月17日の散歩" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント