法事&釣行

2月に法事があり、実家熊本に帰省していました。

祖母の1周期。
画像
親戚一同が会しました。
つつがなく法要は終了。
親子三人衆は今回の帰省のサブ企画 天草 de フィッシング に頭を切り替えます

今回はインチキじゃなくて、インチクという聞きなれない釣法に初挑戦です。
インチクとは、オモリ(メタルジグ)にゴムの疑似餌+針を付けた、いわゆるルアーのこと。
これを海中に落とし、底に着いたら巻き上げるだけという、何ともシンプルな釣法です。
しかし、ルアーで青物や根魚が釣れるの??と半信半疑での出船です。

が~!!
天草の波は半端無かった・・・。
画像
これって、転覆するんじゃないのか!?と思ってしまうほどの荒波。
千葉の外海、玄界灘も相当きつかったが、ここまでの記憶はない(^^;

30分ほど沖合に出て目的地に到着。
船長さんから、「どうぞ~」と合図をだされ、言われた通りに竿を垂らす。

と、いきなり当たりが!
画像
真鯛ゲット♪
本当にルアーなんかで釣れるんですね~(驚)

続いて親父に当たり♪
画像
オオモンハタをゲット!
ハタは高級魚ですよ~♪

しかしこの後、三半規管へのダメージによりダウン
上から下から出るわ出るわで大騒ぎした後、1時間ほど荒波の甲板で爆睡(殴蹴)
いやぁ、本当に辛かった

なんとか復帰後、二人に釣果を尋ねたところ、なんと一匹も釣れていなかったという事実
ということは、結果的に寝てた方が良かったということですな(笑)

その後、筆者と弟万次郎に強烈な当たり♪
画像

画像
4kgサイズのブリのダブルヒット~。
こんなサイズの魚を釣ったのは初めてですよ(笑)

その後、親父が鯛を釣り、私が良型のオオモンハタをゲット♪
画像

画像
といったところでお昼になり納竿。
結局、筆者3匹、親父2匹、弟1匹という釣果。
果報は寝て待てというのはこのことでしょう(違蹴)

実家の玉名からは4時間ほどの道のり。
疲れることこの上ない釣りだが、これならまた行きたいですなぁ~。
船長ありがとうございました^^/

神経〆により鮮度の高い状態で持ち返ることができた魚を早速捌いて食卓に。

ハタの刺身
画像
独特の風味があるハタ。
脂がのっており美味い!

タイの刺身
画像
甘く、コリコリとした身が堪えられませんなぁ。最高ばい!

ブリの刺身
画像
ブリは小型ということもあって、脂身は少なかった。
ゴリゴリっとした筋肉の食感が楽しい。

ハタ鍋
画像

画像

画像
ふわふわな身とトロトロとしたゼラチン質の皮。
いやはや、こいつは絶品ですなぁ~。
ということで、大大満足の釣行&夕食だった。

きっと、天国の婆ちゃんも親子が楽しんでいる姿を見て、喜んでくれているでしょう

この記事へのコメント

ぱちまさ
2013年04月03日 08:12
親子で釣りなんて最高だね
きんたろう
2013年04月04日 08:31
☆将軍様☆
釣りは小さい頃から連れて行ってもらってたんですよね。
大人になってもできる趣味です^^
将軍もフィッシングやりませんか?楽しいっすよ~^^

この記事へのトラックバック