ルート66(12日目)アリゾナ州フラッグ・スタッフ

【2012,06.17】  ニューメキシコ州ギャラップ市のホテル“レッド ライオン”をAM8時15分にチェックアウトし、5万年前に落下した隕石の巨大な穴等を見学し、アリゾナ州フラッグ・スタッフに向かう。約300キロ余のドライブである。  昨夜(16日)の夕食は、ロナルド レーガン大統領やハリウッドスターのハン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルート66(11日目)ニューメキシコ州・ギャラップ

【2012.06.16】  ニューメキシコ州アルバカーキ市のモーテル“エッジウッド・スウィート イン”をAM8時55分にチェックアウトし、同州ギャラップ市に向かう。約200キロ余のドライブである。  “エッジウッド・スウィート イン”には朝食のサービスがないために前日ウォールマートで仕入れていた“まるちゃんのヤキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルート66(10日目)ニューメキシコ州・アルバカーキ

【2012.06.15】  ニューメキシコ州サンタフェ市のモーテル“Super 8 inn”をAM8時にチェックアウトし、午前中サンタフェ市街を散策した。Tackyは2枚の水彩画を仕上げ、タコスの昼食を済ませ、午後1時過ぎに同州アルバカーキ市に向かう。距離は100km余である。近い。午後4時過ぎにはアルバカーキ郊外のエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルート66(9日目)ニューメキシコ州・サンタフェ

【2012.06.14】  テキサス州アマリロ市のモーテル“American Best Value Inn”をAM8時30分に出発し、ニューメキシコ州のサンタフェを目指す。約450km、今回の旅で最大の距離を移動するコースとなる。  テキサス州は見渡す限りの草原であることには変わりはないもののオクラホマ州に比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルート66(8日目)テキサス州・アマリロ

【2012.06.13】  オクラホマ州オクラホマシティーのモーテル“ルート66イン”をテキサス州のアマリロ市を目指しAM8時に出発する。約400kmを超える長距離ドライブである。  アメリカの人々の国民性を総括し、「車は走れば良い」「食事は質よりも量が大事」「太っていてもお構いなし」をキーワードに、成り行き任せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルート66(7日目)オクラホマ州・オクラホマシティ

【2012.06.12】  オクラホマ州タルサのモーテル“スーパー8”を同州オクラホマシティーに向けAM8時に出発する。約180キロのドライブである。途中、お辞儀する“人の骨格”の如き井戸掘り機械の残骸や丘の頂上の空き地に据えられた蒸気機関車などを写真に収めつつR66やその前の西部開拓時代の写真、生活用品などの展示場がある小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルート66(6日目)オクラホマ州・タルサ

【2012.06.11】  ミズーリ州のブランソンからカンザス州をかすめてオクラハマ州のタルサでかの有名モーテルスーパー8に投宿する。使用道路の中心はインターステイト44号線だ。最高時速70マイル、しかし、スプリングフィールドを過ぎジョプリンに向かう午前9時から12頃まで暗く厚い雨雲に阻まれ、時にヒョウかアラレか車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルート66(5日目) ミズーリ州・ブランソン(3)

【2012.06.10】 ミズーリ州ブランソン3日目である。ブランソンでは、アメリカの特に白人に支持されているカントリー&ウエスタンを中心とする文化産業を追いかけており、文化事業の現状についてはこれまで触れてきたので、視点を変え、食事について触れてみる。 アメリカは食事の味付けが単純、また野菜が少なく、で日本人の口には合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルート66(4日目) ミズーリ州・ブランソン(2)

オヤジに写真を送るようメールしたところ、カードリーダーを忘れて取り込めないとのこと。また、旅行先では日本のような家電量販店も見つけられず…とのことです。テキストのみで退屈かもしれませんが、しばらくお待ちを! 【2012.06.09】  ミズーリ州ブランソンの2日目の朝、午前中はモーテル、ウィローツリーでゆっくり休息を取る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルート66(3日目) ミズーリ州・ブランソン

【2012.06.08】   “Days inn”をAM9時に出立する。向かうのはカントリー&ウエスタン歌手のチャーリー永谷さんが"アメリカを知るためには主に黒人に支持されているジャズやブルースだけでなく、主に白人に支えられているカントリー&ウエスタンを知る必要がある。そのためには常時このライブが楽しめるブランソンを訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルート66(二日目) ミズーリ州・セントルイス

【2012.06.07】 ブルーミントンのモーテル“Days Inn”を9時11分に出発し、セントルイスに向かう。今日も快晴である。日本と異なり湿気を含まないアメリカの初夏の大気は、涼やかに人の肌を洗う。実に心地よい。 年齢のせいか昨夜は、朝4時頃に目が覚め、キングサイズのベッドで私が転々としているとSunnyがごそごそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ルート66 イリノイ州・シカゴ → インディアナ州・ブルーミントン

公私ともに忙しい日々が続いております。皆さんいかがお過ごしでしょうか? このブログとは関係ないのですが、うちのオヤジと友達が現在アメリカ旅行をしており、その道中日記を私あてに送りつけてきているので、しばらくその様子をお届けしようと思います(爆) まだテキストのみですが、今後写真も掲載します。 熊本日日新聞2012年5月…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more