會天(かいてん)

先日いただいたお酒會天の紹介。

筆者の地元熊本(球磨地方)は米焼酎のメッカ。
東京の店でもよく見るようになった白岳しろは最もメジャーなブランドであり、帰省してとえば、およそコイツが出てくる。

ところで、筆者はアルコールが入っていれば大抵の酒は飲めるのだが、米焼酎って実はあまり得意でなかったりする いわば地元愛の無い人間であるw

田舎で白岳を飲んでも、あまり美味いと思ったことがない。
米自体に強い風味がないため、素材よりもアルコールのツンとした臭いが鼻につくからである。

よって、焼酎であれば芋やら麦の方が好きだが、そもそも蒸留酒よりも日本酒、ワイン等の醸造の方が好きである。紹興酒なんかもいいですね~。別に欲しいと言っているわけじゃないですよ??(殴蹴)

ということで、會天の話に戻し、これは会津出身の米焼酎である。
画像
ロックで一杯飲んでると・・・

あれ、これ美味じゃないですか~っ!!
米焼酎ならではの甘い香りに吟醸酒の華やかな香りがとても心地よい。寝かされた期間の分、口当たりはマイルドである。

画像
最近は清酒の吟醸用酵母を使う焼酎が出回っていて吟醸風味の出し方も大小様々だが、會天のそれわざとらしさのない自然な演出だ。
水の美味さもあるのだろう。雑味などは皆無である。

いやはや、米焼酎も造り方でこんな美味い酒になるんですなぁ~。グビグビ進む進むぞ~!
米焼酎が苦手とか、見識の狭いことは言ってはいられなくなったぞと(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック