回転寿司かいおう

先日九州の友人と話した際、こんな話題が出た。

「ホンナこつ、回転寿司な皿ん色ん気になるとがイカンもんねー。中トロ、ウニば食べたかバッテン、金てろん銀の皿な、どがんしてん手が出らんたい。ハガイカ~」

「悪いけど僕はお皿の色なんて気にしたことはないよ。だって美味いものを心ゆくまで食べたいじゅないか。」

「か~っ!高給取りん言うこちゃ~。今日はゴチになるけんね!」

ツマラン自作自演話はおいておき・・・(殴蹴)

うちの近辺には、かっぱ寿司くら寿司スシロー銚子丸といった回転寿司がある。
銚子丸はネタによりの皿を置く旧来型の店であり、前の3店は全品105円均一で皿の色を気にせず食べられる店である。

銚子丸の品質は105円均一店と比べて抜き出ている。ネタによっては回転しない寿司店と遜色ないものもあったりするので、ゆっくり飲みながら食べたいときに使いたい店である。

味の面での個人的なインプレッションは、以下の不等式となっている。

かっぱ=くら ≦ スシロー < 銚子丸


そこで、今回紹介する寿司店かいおうである。
画像

現在、東京都内には足立区にしかないが、回転寿司のメッカである北陸富山から出店している店だ。
画像



価格は105円(銀皿)と157円(金皿)二種。均一価格ではないが、とりあえず内容をみていただこう。
(一応赤字で書いているのが筆者の推薦商品)

真鯛
画像


炙りサーモン
画像


えんがわ
画像


かにマヨ軍艦
画像


親子サーモン軍艦
画像


中トロ(たまたま切れていたw)
画像


地の魚(名前失念)
画像


コーンまみれ
画像


ジューシーイベリコロール
画像


炙りサーモン軍艦
画像


しま鯵
画像


オーシャンキング
画像


親子軍艦(再登場)
画像

こうみると、正統派の寿司ネタに乏しい我が家のオーダーである・・・(笑)

当店では特にサーモン系の寿司が良く、他の回転寿司店でお目にかかれない親子軍艦は出色のデキと思っている。
しま鯵寒ぶりなど地物のネタも鮮度が高く、厚く切られているので歯応えも十分。お薦めのネタだ。

しかし、気になるのは157円という価格だろう。
当然105円均一店を上回る何かが無ければ、わざわざ家から遠い場所に行く価値がないわけだが、
筆者的には、ネタの質・厚み、味的な部分で+52円のプレミアム感は十分享受できており、許容の範囲である。
よって、皿の色が気になることはなく、某所のように「緑と黒以外の皿は取っちゃダメだぞ!」とか、子供に制することもない(爆)

ということで、再度不等式を出すと、

かっぱ=くら ≦ スシロー < かいおう < 銚子丸

となる。

今後、店舗が増えることを期待して止まないが、是非、東京足立区近辺の方は当店に運ばれてみてはと思う。



【番外編】

味噌ラーメン(240円)
画像

画像
麺は超がつくほど少ないが、これも普通に食べられるぞと♪


お店DATA
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
北陸富山回転寿司 かいおう保木間店
住所 足立区保木間1-9-16
電話 03-5831-031
定休 無(?)
HP  http://www.kaio-co.jp/index.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック