ロン龍 @日の出製粉㈱

8月某日、ぽん太の主(父)から子供あてにメールが届く。

「職場の同僚の実家が製粉業者であり、そこでは豚骨ラーメンを製造している。他の同僚の話では“幻のラーメン”だという。そこで、君たちが希望すれば、ラーメンを進呈しようと思う。メニューについては、インターネットに掲載してあるので、希望の種類を私に連絡してくれれば、私が発注し、プレゼントする。返事を待っていますぞ。」

幻のラーメン・・・

実はこちらのラーメン、先日夏休みで帰省した際に近所のスーパーで売られていた。
画像
日頃からお世話になっている友人のご家族への土産物として、一度は手にしたものの、一人前というパッケージング(家族用としては二人前が適当と考える)、かつ、あまり高級そうでないデザインから、棚に戻したのだった。まさに、筆者にとっても幻のラーメンである。

にわかラーメンマニアとしては、人様に‘幻’と言わしめるものを是非食べてはみたい気持ちはある。
しかし、送料を考えたら、わざわざ熊本から送ってもらうのも忍びない…と考えあぐねていたところ、

「なかなか良い実家を持った人がおるねぇ。そんなに美味いなら、詰め合わせを是非是非。九州ラーメン詰合せ 龍麺三昧 (ロン龍×5,赤龍×5,カレー龍×5,炸醤龍×5 計20食入)3,600円也。これを頼みます。」
花咲爺さんの悪い方のような、遠慮の「え」の字も知らない返信は、弟の万次郎である。

「棒ラーメンかぁ。個人的には、縮れ麺が好きなんだよねぇ。そして、我が家、あまりラーメンを食べる習慣がないので、野菜とか米とかを送ってくださるタイミングで、1~2袋入れていただけるとありがたいです。」
正直で裏表がない表現をするのは、妹の日吉の嫁である。

長兄としては悶々とした気分を覚える。
遠慮しようかどうしようかと悩んだが、幻のラーメンを食べてみたいという気持ちを抑えることができず、数秒後に万次郎に便乗することとした筆者も、その愚息の一人である。

九州ラーメン詰合せ 龍麺三昧
画像

ちなみに、このラーメンを食べた人の感想をみてみると、以下のような評価である。
評価1
評価2
評価3

即席ラーメンの中でも ‘棒ラーメン’ というカテゴリは、関東の方ではあまり馴染みがないように思う。
九州では、昔から即席ラーメンといえば、アベックラーメン(五木食品)かマルタイラーメン(㈱マルタイ)であった。いずれも棒状麺である。九州だから豚骨?というイメージがあるかもしれないが、昔からあるベーシックなものは、半透明であっさりとした塩味ベース(アベック)と醤油ベース(マルタイ)である。

何故この話をしたかというと、この両社は九州内では知らない人はいない有名企業であり、筆者も両社の製品を好んで食べているのだ。

熊本もっこすラーメン(五木食品)
画像


火の国熊本とんこつラーメン(五木食品)
画像


熊本黒マー油とんこつラーメン(マルタイ)
画像


ということで、今回のロン龍ラーメンの評価は、上記のラーメンとの比較の結果である。

説明書通り3分間煮込んで出来た。
画像

正直に言うと、スープの味にさほどの驚きは無かった。
無論、豚骨のコク、塩味のバランス、ニンニクの風味、即席ラーメンの範疇においてはハイレベルな味とは思うが、上記の商品とのレベル差は殆ど無いように思う。
良い意味で想定の範囲内である。

しかし、ロン龍は麺が違った。
画像
両者のそれより若干太く、ストレートの滑りの良さに加え、即席麺らしからぬ強いコシを兼ね備えている。
棒ラーメンは他の形状の麺に比べコシが強い傾向にあるが、ロン龍は抜きん出ている。大変噛み心地の良い麺であり風味も良い。
そこには、製粉会社としてのプライドを垣間見ることができた。

もし、五木とマルタイのラーメンを食べたことの無い人がこれに出会ったならば、大いにタマガるだろう。
スーパーで売れ切れたりした時には、幻のラーメンと評するのも頷ける気がした。

いやはや、何でもそうだが、外見で決めてはいけませんな。ナイスパフォーマンス、ロン龍!
お世辞は抜きにして、筆者もこれの一ファンになってしまった。

この記事へのコメント

ゆたんぽ
2011年09月05日 08:06
何気にこの麺への感動が伝わってくるレポートですなぁ~
言葉だけではなく、舌でリアルな感動を味わってみたいと思うのですが。。。(嘘)
ちろりん
2011年09月05日 23:01
なかなか上手い事言うね。まさにそのとおりだと僕も思います。
スープは中の上 麺は上の下といったところでしょうね。
玉名ラーメンではなく、熊本ラーメンですな。これは。 
きんたろう
2011年09月06日 12:40
☆ゆたんぽさん☆
リアルにお届けしましたので、感想をお願いします(爆)
きんたろう
2011年09月06日 12:42
☆ちろりんさん☆
お褒めの言葉どうも。
ぽん太の主に校閲してもらい、若干修正が入りました(笑)
まあ、ありきたりな表現だけども、下手な店で食べるよりも満足度が高い一杯ですな。あたのメールのお陰で、しばらく楽しめそうですよ(笑)
越前屋
2011年09月10日 14:06
ロン龍、私もその美味しさに驚いた一人です。
特に麺が美味しいですよね!
乾麺とは思えない食感で。
麺においては他の棒ラーメンの追随を許さないクオリティだと思いました。
しかし、製造元が
きんたろう先輩のお知り合いの友人のご実家だったとは。
世間は狭いですね~(^-^)

(ちなみに、不肖越前屋のつたないロン龍レポはコチラ↓です…汗)
http://etizenya0.blog20.fc2.com/blog-entry-569.html
きんたろう
2011年09月13日 08:45
☆越前屋さん☆
えち子さん毎度です^^/
ロン龍レポを読ませていただきました!
えち子謹製の丁寧なトッピングがされたものと、私のは相当に違いますね(汗)
ですが、僭越ながら殆ど同様の感想でホッとしたところです(笑)

昨今、なかなかに九州の棒ラーメンのレベルは高いですね。
今後の進化にも期待をしているところです^^

この記事へのトラックバック