中華そば清水

新春の一杯は、宿題店だった中華そば清水@堀切菖蒲園へ。
画像
この清水という名前は、元ラーメン二郎堀切店(現ラーメン大堀切店)の創始者である清水さんの名前をとったもので、その他に天照糀や(清水の夜の部)を、この堀切の地で展開している。
最近ではラーメン大の勢力拡大も目を見張るものがある。

ということで、今まではどちらかといえばガツン系ラーメンにベクトルを向けていた同氏だが、自身の姓を冠した店で、それも中華そばを手掛けたということで大変に興味があった。

中華そば
画像
魚介と鶏ガラでとったスープは、鰹の出汁をより強く感じた。面白いことに、ニンニクの風味がほのかに香る。
ややオイリーで塩分濃度が高いので、中華そばというイメージよりは塩ラーメンというのがしっくりくるような・・・。


画像
この太さが不揃いの強く縮れた麺が秀逸だ。
喜多方ラーメンを思わせる麺で、ムギュっとした食感とのど越し、風味が素晴らしい。

どちらかといえば大喜きびなどの中華そばをイメージしていたので、そういう意味で肩透かしを喰らった感があるが、あの清水さんの中華そばといえば、なるほどと納得できる一杯でだった。
(的確なレポートは、例により越前屋さんにお任せということで・・・)

お店DATA
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
中華そば清水
住所 葛飾区堀切4-57-15
電話 03-5680-3317
定休 無休

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック