4/30 青森へ・・・その前に

本日から青森に行ってきま~す!
よって、ブログの更新が滞ります。残念ですねぇ~
帰ってきたら、また例によりレポートを書きますのでお許しを!

本日は午後から準備のためお休みをいただき、いち早く青森の気分を味わうべく、つし馬@浅草に行ってきた。

画像


取り急ぎ、写真のみウプします。感想は、、、越前屋さんのレポをどうぞ!
(食べたものが違いますが、およそレポ通りです(殴蹴))

津軽バリ煮干そば
画像

煮干のガッツンと効いたスープ。
ちょっとだけ筆者には酸味が強すぎるように感じたぞと。

画像

かん水の入らない麺は柔和でツルツル!

画像

デラウマなチャーシュー。こりゃチャーシュー増しにしたいですなぁ。


ではでは、行ってまいりま~す

お店DATA:
- - - - - - - - - - - -
つし馬
住所 台東区浅草1−1−8 
電話 03-5828-3181 
定休 無

この記事へのコメント

越前屋
2010年05月01日 05:14
おぉ、文中リンクありがとうございますm(_ _)m
『つし馬』さん、ニボニボでボリュームあって美味しいですよね。
こちらのお店は豚骨ラーメンの名店『田中商店』の大将のお店ですが、
津軽煮干の『つし馬』といい、喜多方インスパイアの『田中そば店』といい、
田中さんは引き出しが多いですよね。
実は私は「バリ煮干」は未食なので、近いうちに行ってきます。

GWは青森旅行なんですね。
レポート楽しみにしてます!
きんたろう
2010年05月05日 14:05
☆越前屋さん☆
えち子さんどうもです!
違うメニューと分かっていながら・・・すみません(^^;;

>田中さんは引き出しが多いですよね。
そうそう、私が金太郎に通っていたあの頃、田中商店の大将が浅草に中華そばを出すということを知り、「何で??」と驚きました。しかし、ご本人が青森出身ということを後で知り、「なるほど、元々は津軽の煮干ラーメンのDNAの持ち主なんだな」と理解しました。
「つしま」時代には足を運べませんでしたが、リーニューアル後の今回初めて食べた「バリ煮干」は、ニボニボのエグ味が出るか出ないかの寸止めの状態でした。麺が例の柔和な麺だけに、ち~とばかりスープのアクが勝ちすぎているかなぁという感想でした。
新店訪問のときは、とりあえず「デフォラーを注文!」と決めているのですが、今回は店頭のPOPにやられ・・・(笑)次回こそは「中華そば」に再チャレンジしなくてはと思った次第です(^^

青森のレポ・・・・
家族連れでしたので、あまり期待しないでください(^^;

この記事へのトラックバック