1/13 ひょっとこ

泊まり込みの出張だが、やんごとなき仕事のため一旦事務所に戻る。

昼は有楽町の交通会館地下にあるひょっとこに初訪問。
画像

カウンター7名で、恐ろしく狭い厨房は、人一人振り返ったりかがんだりするのもままならない。

工程をみていると、タレや調味料などを丼に入れている気配がなかったので、
寸胴に入っているスープは既に配合済みのもののよう。

30秒程茹でられた麺がスープの入った丼に投下される。
う~む、一見立ち食い蕎麦と変わりがない作り方である(笑)

柳麺と書いてラーメンと読ませる。650円也。
画像

かつお節の出汁が優しく香るスープ。
塩がベースだが、いずれの素材もごくごく控え目なところでバランスを取っている。
これを薄味ととるか、品の良い味と取るかなかなか判断の難しいラーメンだ。

チャーシューはトロトロになるまで煮込まれたもので、こちらも薄味ながらとても美味。
デフォルトでつく玉子は味付けではないが、玉子自体の味が良いのでスープの味とのマッチングも○。

店主もかなりご高齢とお見受けしたが、「老練な一杯」といえるようなラーメンであった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック