7/20 哈爾濱餃子

午前中ショッピングに付き合い、午後は嫁さんの実家に嫁と子供を送る
一人昼飯は、堀切菖蒲園へ。

天照糀やか、それともラーメン大か・・・。
(悲しいかなラーメン大系列に縛られている自分
しかし、夜の酒の楽しむならば、これらの店はちと重すぎる・・・(殴蹴)

少し歩いて、これまた行列店の哈爾濱餃子(ハルビンぎょうざ)をのぞいてみる。
祝日だからか珍しく店内ガラガラだった。ラッキーな初訪問となる。
画像

当店、カウンター5席ながら、なんと酒類が充実しているという事実(爆)
なるほど、これは行列になるわけだな

ラーメン(480円)
画像

スープは業務用テイスト+αながら、何より麺がいい。
餃子屋さんの麺という感じで、ツルツルもちっとした食感がとっても心地よい。
チャーシューは脂身こそないが、八角風味が効いていた。

焼き餃子(350円)
画像

噛むと肉汁がドバッとただれ落ちてくるほどにジューシーで、皮もバリっ+モッチリとしていた。

ということで、本来、「この餃子は美味い!」と評するところとは思う。
しかし、私は・・・ちょっと判らないとういか評価できないというのが本音。
美味いとか美味くないというより、あらゆる餃子の味にそもそも感動しないというか・・・。
多くの方々がこちらの餃子を高く評価しているので、興味のある方はそちらを参考に。

お店DATA:
- - - - - - - - - - - -
哈爾濱餃子
住所 東京都葛飾区堀切3-7-17
電話 03-3692-9369
定休 月
- - - - - - - - - - - -

この記事へのコメント

閑茶
2009年07月20日 15:46
面白い評ですね。
餃子があまりお好きじゃないのでしょうか?
それともTOPクラスの餃子とはどんな味じゃ?とお迷いなのでしょうか?
美味いか、不味いか?は大切な一つの基準だと思います。でもうまいもの同士比べてどっちが美味いか、という判断は難しいよね。
結局のところそういう場合は、どっちが美味いかじゃなくて、どっちが好きか、に落ち着くのでは。
こっちの方が美味いけど、私はもう一つの方が好きだ、なんてのもあるかな?
どんな餃子でも腹ペコ・喉はカラカラの時に
冷えた生ビールのつまみに食ったら世界一おいしいよね、きっと。
旨いもの食いたきゃ腹ぺこで食え!
ってのも一方の真実だと思う。
お高い料理を食べるより、腹ぺこで食べに行く方が安上がりで楽しめるかもね。
金太郎さんには反論されそう、、、。
「やっぱり美味いものは旨いんです」なんてね。
久しぶりのカキコ、理屈っぽくてごめんね。
私はカラッと焼かれていて、皮が薄くて、中身がジューシーなのが好きです。それでどちらかというと小ぶりで一口でぺろっと口に入るのが良い。勿論中身が美味くなくてはね、はは。
きんたろう
2009年07月21日 12:36
☆閑茶ん☆
どうもです!

餃子の評価がうまく出来ないというのは、
そもそも餃子に対する執着がないということだと思います。
とはいいながらも、あのパクっと食べたくなる愛らしい形を想像すると、
つい注文しちゃうんですよねぇ(笑)

>どっちが好きか、に落ち着くのでは。
まさにそのとおりですね。
餃子で有名な宇都宮や蒲田の店でも食べましたけども、お恥ずかしい話、旨味調味料をたっぷり使っていると思われるリンガーハットの餃子は好きだったりするんです。つまり、こんな舌の人間に評価されては餃子が可哀想だと思います(笑)

>旨いもの食いたきゃ腹ぺこで食え!ってのも一方の真実だと思う。
ですね。今回もラーメンのサイドとしてついついオーダーしてしまったのがいけませんでした・・・。

>私はカラッと焼かれていて、皮が薄くて、中身がジューシーなのが好きです。
うーん、今度はお好焼きじゃなくて、餃子を語りに出かけてみますか!(^^)

この記事へのトラックバック