4/30 あるでん亭→包丁や→ささじま→源蔵

某氏とK坊と懇親会。

先日のランチで気になっていたイタリアンレストラン「あるでん亭」に訪れる。
昼は明るいが夜は暗めで落ち着いた雰囲気。

グリンピースサラダ
画像


なんとかサラダ(名前失念)
画像


水タコのカルパッチョ
画像


牛スジの「辛口」トマト煮込み
画像


ガーリックトースト
画像


マルゲリータ
画像


カルボナーラ
画像


デジカメの操作にまだ慣れないのと、店内かなり暗かったのでキチンと写っているか心配だったが、
さすが高感度を得意とするカメラ。ISO400でもノイズ無く撮れた。これはなかなか心強いぞと。
さて、あるでん亭で食べた品々はどれも味が良く、居心地も良かった。
店員さんも気さくで、色々話しかけてきてくれるのがイーじゃないですか
リーズナブルなコースも用意されているようなので、今度ワイワイしにきますと約束した♪
さて、ビール1杯ずつとワイン1本(3人)でちーとばかり飲み足りないご一行は、立ち食い蕎麦のがんぎに向かうも・・・満員御礼
さっくり諦め、包丁やへ。

コーンバター
画像


合鴨
画像


野菜炒め
画像


冷酒(酔鯨)と角のハイボールでこれらをいただいた。
会計は一人あたり1,300円と、昼・夜ともの相変わらずのコストパフォーマンスに脱帽だ

ここでお別れし、私は一人地下鉄で爆睡・・・一瞬で地元駅へ(^^;
飲み足りなくはないが、GW前に挨拶とういことでささじまへ(殴)

冷やしトマト
画像

談笑しながら角ハイボールをグビグビ2杯。

で、ようやく家に・・・向かわない私(蹴)
ラーメン屋を覗き歩く酔っ払い
課題となっていた(?)源蔵ラーメンの坦々麺をいただくことに。
画像


見た目からして濃そうなスープ。
確かに濃く、ゴマペースト、ラー油、山椒の風味でガンガン押している。
しかし、ラー油の辛味が前面にきているので、食べ進むと辛味ばかりでゴマの風味が後ろに隠れてしまうのが惜しい。もうちょっと辛味を抑えてゴマ風味を楽しみたいと思った。
麺は一般的な中太縮れの中華麺。せっかくスープにこだわっているのだから、麺にも特徴が欲しかった。
ま、この内容で780円ならば悪くはないのでは?と思った次第。

はー、今宵も酔う食べました(殴蹴)

お店DATA:
------------------------------------------
あるでん亭
東京都港区芝5-27-13 Y・A三田ビル2F
03-3455-3391

包丁や
東京都港区芝5-27-10 サンシャイン5ビルB1
03-3457-1584

源蔵ラーメン
東京都葛飾区青戸3-31-4
03-5650-3271

この記事へのコメント

ゆたんぽ
2009年05月01日 15:04
ちょっと食べ過ぎ、飲みすぎじゃないのぉ~
っと、ひがみとねたみで言ってみたりして(殴)
自分だったらオケに行くけどなぁ~(笑)
きんたろう
2009年05月05日 09:03
☆ゆたんぽさん☆
お褒めの言葉ありがとうございます(違)
オケ・・・という雰囲気のメンバーじゃなかったなぁ(^^;

この記事へのトラックバック