4/11 優作鍋&蒸し焼き(スチーム)のススメ

故松田優作氏の愛したというコチラの名物料理「豚もやしセイロ蒸し鍋」。これを通称優作鍋と呼んでいる。
その作り方を紹介してみる。

① 鍋に水を張って沸騰させ、蒸し台を入れる。
画像


② もやしをたっぷり入れる。(2~3袋) 参考写真
画像


③ 豚バラ肉を貼り付ける。
画像


④ 蓋をのせる→蓋が自動的に閉まる
画像

画像


⑤ ポン酢で食べる。(写真はちと早かたので、もう少し火を通してね(^^;))
画像

これがシンプルだが絶妙に美味い
是非お試しあれ!

で、このまま鍋をしまうのはもったいないので、蒸し焼き料理に。

メバルのアラ(刺身の余り。)
画像

画像


ソーセージ(やっぱりシャエッセンは美味い!(笑))
画像


蒸すことで魚は骨以外全て食べられるし、焼いたり、煮たりするのとは違い味が逃げないため素材そのものの味を楽しめる。
バーベキューやら鍋もいいけど、蒸し料理パーティなんかもいいかも?と思うこの頃。

この記事へのコメント

2009年04月12日 06:26
優作鍋、松田優作の映画は殆ど観ているのですが、こういう料理を好んでいたのは知りませんでした。
シンプルだけど、確かに美味しそうです。
きんたろう
2009年04月13日 12:22
☆桃源児さん☆
こんにちは。
私も松田優作が好きで、過去に名前で検索してみたところ、
この鍋に行きついたような記憶があります。
モヤシと豚肉は両方とも味が薄いので、そこにポン酢をかけてやると
キリっとした味わいになり、肉の脂と相まって美味いです!
是非お試しください。

この記事へのトラックバック