2/19

今回、松山の方に面白いことを聞いた。
「松山から時間的に最も近い県庁所在地はどこだと思いますか?」
と聞かれ、「高松か高知でしょうか」と言ったところ、「実は、東京なんです」だって(^^;
確かに地図で確認しても、なるほどなと納得した次第である。

朝はJR松山駅前で駅そばを。
じゃこ天うどん(440円)
画像

お隣県がうどんのメッカですので、ちゅと期待はしましたが、これといって特徴は・・・(^^;

うどんの後は岡山へ3時間の旅。
ちょうど昼なので、駅前の又来軒(ゆうらいけん)へ。

坦々麺(700円)
画像

酸味と辛味がほど良く、山椒の風味も感じられ、とても美味しゅうございました。

出張先に入り一仕事。
その後、駅前のホテルに一旦戻り、今日も繰り出さねばならないのである。
近くの「鳥好」へ入店。
画像

店内を見回すと・・・!?ココしかないでしょ~!と言いたくなるような、私のハートを鷲掴みにするお店。
これぞ「ザ・大衆酒場」といった感じで、我が町葛飾区立石駅前付近に帰ってきたような感覚に(笑)

女将さんからとり酢(200円)がお勧めですよと教えてもらったので、それをまず頼む。
画像

裂かれた蒸し鶏、春雨、ネギをポン酢でいただく。
コレ、イ~じゃないですかぁ!さっぱりしていて美味い~!
当店、お通しがないことをみると、皆さんコレを頼むのが当たり前のようになってるんですな。

刺身盛合せ(500円)
画像

昨日の刺身もそうだったが、どうも瀬戸内地方では刺身は大きく切られるのが通常仕様なのだろうか?
東京では3枚ぐらい取れそうな厚みだという事実(^^;

天ぷら盛合せ(600円)
画像

これって一人前なんですが、メゴチなんかは3匹入ってますよ?(汗)

恐るべし鳥好・・・今宵も素晴らしい店に出会いました(感動)
店を後にすると雨が。これは、、、「雨宿り」するしかないでしょ~(殴)

50mほど移動し、「晴」へ。
鳥好とは180度違って(^^;高級料理店のような小奇麗ななお店。
ちょっちゅ警戒心が芽生えたが、メニューをみてひとまず安心。創作料理のお店ですと。
とりあえずポテトサラダ、烏賊の醤油漬け、馬刺しを注文。

ポテトサラダ(500円)
画像

!!!
これ、うまーーーーーーーーーい!
リンゴの甘酸っぱさとマヨが絶妙~にマッチ。塩漬けサーモンのみじん切りもこの味に一役買っている。
こんなポテサラに出会えるとは!v(^^)v
あまりに美味いので、「美味い美味い」とお祭り騒ぎ(爆)
当然におかわりを頂いたという事実(^^;
下町ではポテサラにソースがついてくることも多いが、
まさかこれにソースをかけるなんて愚行をしたら、アタシが許しませんぞ~(笑)

烏賊の醤油漬け(500円)
画像

これも普通の塩辛とは違って、醤油が烏賊のワタと絶妙にハーモナイズ。
素晴らしい仕事ですなー。

馬刺(1,000円)
画像

熊本から送られてくる馬刺とのこと。
もちろん美味いですよ~。
いやはや、こちらはマスターの腕前に思わず唸ってしまうお店でした。
ごちそうさまでしたァ~。

ここで、一旦ホテルに戻るが、、、
実は日中に、微妙に私の心をくすぐる看板が目に入ってしまって、、、、
どうするかのう?と自問自答すること3秒・・・いや、0秒(^^;
雨の中ホテルを出てこちらの店へ。
画像


中華そば(600円)
画像

うん!看板から予想したとおり美味よ(^^)
かなり甘目のスープで、豚骨の風味と醤油味がよく合っている。
どちらかといえば和歌山やら徳島系のラーメンにも似ている感じがした。
麺はストレートの細麺で、このスープをよくもちあげる相性のいい麺。
まったくクドクなく、飲み後には最適なラーメンですなー。
店も飲み後の客をメインターゲットにしているような感じだった。

ふぅ~さすがに満腹ですわ(殴)
今宵はここでお休みなさいっと!(^^;

お店DATA:
又来軒 岡山駅前店 (ゆうらいけん)
岡山県岡山市本町6-36 第一セントラルビル 
086-227-6655
http://yurai.com/
------------------------------
鳥好(とりよし)
岡山県岡山市本町5-8
086-233-5810
http://nttbj.itp.ne.jp/0862335810/index.html
------------------------------
旬菜 晴(はる)
岡山県岡山市錦町3-25 錦
086-232-0117
http://r.gnavi.co.jp/y031100/?no=
------------------------------
山富士
岡山市本町5-13
086-225-6147
http://www.geocities.jp/itano1975/ra-men36.htm
------------------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック