5/18

うちの坊主は超がつくほど魚が好き。特に刺身には目がない。
さらに、魚というものは丸の状態で家まで運び、それを暫く眺め、そして食べる。
この一連の流れに執拗に拘る・・・。刺身盛り合わせはなどはもちろん、切り身の魚なにも目もくれない。
ということで、親は慣れない包丁を持って刻むのである。

今日は超ビッグな鯵を手放さなかった・・・398円也
画像


あまりにビッグだったので、半身ずつ刺身とタタキに。タタキは坊主に包丁を持たせて作らせた。
画像


画像


坊主、刺身を秒殺・・・。
大葉の香りはイマイチだったようで、手をつけなかった。私のツマミになりました^^

この記事へのコメント

ゆたんぽ
2008年05月19日 09:16
立派なアジですなぁ~
しかも、それを料理するなんて、うちではとてもじゃないが考えられません。

> 丸の状態で家まで運び、それを暫く眺め、そして食べる。
> この一連の流れに執拗に拘る・・・。

素晴らしいご子息です。
将来が楽しみ、、、「さかなクン2世」か「よし成さん2世」(笑)


閑茶ん
2008年05月19日 11:55
私も子どもの頃、骨のない魚は好きだった。
もち、タコやイカのことじゃなく、
刺身とか刺身を焼いたり煮たりしたお魚のこと。
でもそれを目の前でさばくのをみることにこだわりは
なかったなぁ。
かっこよくお魚を捌くのにはあこがれるけど、
きれいに研いでさらしに巻かれた刺身包丁にもあこがれるけど、
お魚の料理はしたことがありません。
そういうことの出来る男は、
男としてかっこいいなぁと思ってます。
ぜひご子息を仕込んでください。
息子の作った料理を肴に一杯なんて、
一緒に呑める頃が楽しみだ。
きんたろう
2008年05月19日 12:17
☆ゆたんぽさん☆
私にしたら鉄の棒を振り回すほうが、、、考えられない?とまではいいませんが、これもいずれ一緒にやりましょうね^^;

小さい頃からオヤジに魚釣りに連れていかれ、母親が捌いてました。あんまり釣れると母親が面倒になって怒るので、私も真似てやってみたわけですが、今だに下手であり、坊主以外にはちょっとお出しできるようなモノではありませぬ。

ま、坊主にっても魚好きな趣味は悪くないかな~、なんて思ってます。
きんたろう
2008年05月19日 12:25
☆閑茶ん☆
うちの坊主はタコ、イカも含め刺身が大好きですが、焼き魚はあまり積極的ではないですね。面倒だからかな(^^;

そうそう、包丁は大事ですよね。
うちには特別な包丁はありませんが、とりあえず月1ぐらいで研いでます。本当は刺身包丁なんかほしいんですが、高価だし、頻繁には使わないので手が出ません。

魚釣りが趣味ですと、やってくれる人がいないと調理までやらねばなりませんので・・・これって、全く難しいもんじゃないんですよ!(^^;

>息子の作った料理を肴に一杯
いいですねぇ~。
こちらのほうに力いれましょうかねえ(笑)
ひろえす。
2008年05月19日 21:51
福岡につれてくれば?
活き造り山ほどくえるよ?w
きんたろう
2008年05月20日 08:57
☆ひろえすさん☆
どうもー。
夏に帰る予定にしちょります。
そん時は、家族で一泊どこかで泊まって、
刺身&モツつれてこーかのー^^
また連絡しまーす^^/

この記事へのトラックバック