い志井@国分寺

画像


画像


画像




訪問日 2006年1月13日
住 所 東京都国分寺市本町4-1-7

 友人が「一度この店でモツ食べてみて」というので、はるばる田町から国分寺へ。僕は「モツ焼き屋」の在り方については、地元の京成立石駅周辺の名店が示すとおり、とにかく信じられないぐらい安いのが当然。甲類焼酎を好みで割り、一般の肉屋には並べられない臓物を焼いてもらって、ポテトサラダ(ソースをかける)、お新香(味の素をかける)などをつまみに飲むのが常識だと思っていた。およそ1500円もあれば大変いい気分になれるのがモツ焼き屋のスタイルだと思っていた。しかし、味的にどうかと言われると、少々目をつぶってしまわなければならないものであり(臓物はあるていど匂いのする食べ物だと思っていた)まあ、それは、この大衆酒場の雰囲気にこの値段であれば十二分に納得できるものであった。
 しかし、私はこの「い志井」さんに来て、モツの「味的」な部分で大きなショックを受けた。食べた、ハツ、カシラ、テッポウ、レバ、煮込み、レバ生(豚)、センマイ刺、そしてガツ刺。全てにおいて全く臭みがゼロ。そして味つけが絶妙に美味いのだ。生醤油漬けされ少々焦げたテッポウなどはもう声にならない。レバ生は今まで牛は好んで食べていたが、豚は臭みが苦手で敬遠していた。しかし、こちらのは臭み皆無で本当に美味い。そして、モツではないが牛肉焼・・・。脂が乗って、、、美味すぎる!!(涙)
 朝仕入れた臓物を丹念に下処理しているからここまで臭みが消せているのだろう。心から感心してしまい、店を出る際に店員さんに「とても美味しかったです」と言ってしまうぐらいであった。
 私のモツ焼きに対する価値観を180度変えてくれたい志井さんと友に感謝。
 国分寺は近くはない。しかし、この味を知ってしまえば遠くはない。

この記事へのコメント

そんなにうまいのかぁ
2006年01月20日 21:37
酒は弱いが、モツは好物です。そこに行ってみたいですねぇ。美味しいモツ鍋屋には、行く機会がありますが、
モツ焼き屋に行くことはほとんど無いので、行ってみたいですね。今度是非。 ちろ
もつ
2006年01月20日 22:08
モツを馬鹿にしてました。
ちろさんみたいに下戸な方にはますますお奨めの店dせうね。120円の串を5本食べて、牛肉をいただき、刺身を1品ぐらいとビール2杯のんでも3,000円いきません。
ハッピーアワー
2006年01月24日 17:55
武蔵野地区まで遠征ご苦労様。実はワシも立石・う○多、森下・山利○、浜松町 秋○田屋、麻布 鈴木○、その他数軒は言われるほど旨くは無い、、と常日頃疑問に持っていたんじゃ、、国分寺い志井は旨いね、カシラの醤油も良いぞ、隠れた旨いのはお新香ね(ぬか漬けの浸かり具合が最高)、、店が狭いのがタマにキズね。ワシは飲み過ぎる方なのでコストパフォーマンスが少々厳しいね。支店が新宿にもあるので遠征しなくても大丈夫だぜ。博多のもつ(天神ホルモン)には敵わないけどな、、たまには行くべぃ。
きんたろう
2006年01月25日 10:42
ハッピーさんどうも。
い志井は本当に感動でした。
しかし、新宿にもあるんですか!知らなかったー。行きましょうよ!
そうそう、博多はモツですね。
モツ「鍋」ならば先日連れていってもらった「万十屋」
です。モツ鍋の王様でしょうなあ。モツはいうまでもなく、最後のオジヤまで次元の違う美味さです。通販でもやってるようなので、是非お試しください。

この記事へのトラックバック