ラーメン二郎 三田本店

画像
2005.7.4
今年92杯目

到着時刻  12:05
行  列   5人
食べた物  ラーメン(麺半分)
トッピング  ニンニク
価   格  500円
赤貧生活  2150円/3000円
ハッピィ度 ☆☆☆☆☆☆
コメント
  雨雨雨。ブルーブルーマンデー。今朝も色々あって鬱。弁当はなし。二郎決定。ダッシュする。
 キタ━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!待ちほぼ無し!やっと良い出来事を捕まえた。今日はこれから昇り調子か?
 さて、今日も麺半分にするが、前回、野菜が多くて苦戦したので、ニンニクのみのトッピング。でてきたのがコレ!_| ̄|○ 助手に「半分」と伝えているのに、作成前・・・助手「半分です」→おやっさん/出来上がり後・・・おやっさん「少なめです」→助手とやりとり。助手から「はい半分です」って渡されたが・・・・ヽ(`Д´)ノコレ半分じゃねえよ!!_| ̄|○ しかし、残すわけにはいきません。もう、味を堪能することも忘れ、死に物狂いでかっこみました。無心で舌を焼けどしながらも・・・。で、結局は難なく完食。やればできるんじゃん俺♪とか思いながら、最後にスープを一すする。うめぇ。うますぎるよ・・・。今日も最高の二郎をありがとう。さて、午後から頑張るか。って、今になって腹がきつくなってきたよ_| ̄|○。

この記事へのコメント

二郎の魅力
2005年07月04日 15:37
二郎は、当分食べなくて良いや。と思っていましたが、このブログを読んでいると、私の二郎に対する記憶が間違っているのではないだろうかと、自分を疑いだしますよ。 また行ってみたいと思います。
2005年07月05日 12:45
二郎は本店を頂点としています。
二郎の神様であるおやっさんの作業を見ながら食べる、これが二郎の原点であり、基本であります。
ここからどうやって支店それぞれの味になっていくか、この探求も面白いですよ。

この記事へのトラックバック