慶楽@有楽町

画像
2005.7.25
今年103杯目

到着時刻  12:00
行  列  0人
食べた物 もやし豚炒めスープそば
価   格  950円(ゴチ=0円)
ラーメン代 6,127円(7月)
ハッピィ度 ☆☆☆☆★★
コメント
 今日は上司とお出かけで、有楽町で昼飯。線路沿いのところに、広東料理屋があり、「たまには正統派のラーメンでも食べるか」という課長の言葉で入店。外にメニューも価格もなく、私だったら入らない所だが、ずんずん上司は進む。座ってメニューをみてみると、ラーメンが950円~と私にしてみればありえない価格だが、「こんぐらいなら安いもんだ」と太っ腹の上司。従業員に何ラーメンがお勧めかを聞くも、「ウチノハラーメンデハアリマセン。スープソバ。コノミはヒトソレゾレです」などと、まったく面白くもなく、客を混乱させるような返事。でも、正直なところなんだろう。それぞれ注文して程なくして出てきた。スープはこれぞ純醤油味といった醤油ラーメンのお手本のような味。コクはないが、さっぱりした醤油味と野菜、鳥などの出汁が効いているもの。飽きがこない。そして、麺がなんとも面白い!まさに博多のトンコツラーメンのアレ!(笑)バリカタ?みたいな麺であり、何故このラーメンに?と思ったが、食べていると麺の味がうまいのでなんとも不可思議な気持ちになった。モヤシとネギはごま油で炒めてあり美味い。まぁしかし、原価からいって950円は高いよなぁ・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック