神山楼 葛飾区立石

画像
2005.5.14
今年71杯目

到着時刻 11:45
行   列 0人
食べた物 タンメン
価   格 700円
ハッピィ度 ☆☆★★★
コメント
 今日は家族で散歩。ついでにラーメンを食べようということになった。もちろん私中心的な話の展開であることはいうまでもない。以前飲み友達から「神山楼という美味い中華料理屋があるから行ってみな」と言われており、そちらに行ってみることにした。入店時には0人だったのが、12時を過ぎるとぞろぞろ人が入ってきて、しばし行列になっていた。確かに人気店のようだ。今日は私と子供がタンメンと餃子、嫁さんが五目焼きそばを注文した。15分ほど待って子供がシビレを切らしはじめた頃にタンメンが出てきた。次いで数分後に嫁さんの焼きそばが出てきたが、さっき注文したばかりの隣の人の焼きそばが同時に出てきたので、同じロットで作ったのだろう。こういうのはあまり感じの良いものではない。味のほうはオーソドックスなタンメンで、化学調味料の旨味と野菜の出汁が効いている。麺は中太縮れ麺で佐野ラーメンのそれと似ていた。一方嫁さんの焼きそばは部分部分で固く焼けているところがあるもので、野菜等をオイスターソースあんかけ風にしたものが掛かっている。嫁さんは美味しいと食べていたが、私的には少し気になる癖(オイスターソースの加減か?)があって気になった。餃子はニンニクがかなり効いたもので、どこかラーメン二郎とダブルような味でなかなかであった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック