自家製弁当

画像
2005.4.6

到着時刻 12:00
食べた物 弁当
価   格 0円
ハッピィ度 ☆☆★★★
4月昼食累計 550円(残金3450円/4000円)
コメント
 先にも書いたが、僕は弁当が嫌いなわけではなく、弁当箱を持ち歩くのが億劫なのである。写真を見てもらえばわかるが、ソフト系のビジネスバッグに、嫁さんが必死でドーナツを食べてもらったミスド製のこの弁当箱が入れば、どのぐらいバッグが膨らむか容易の想像してもらえると思う。さらに、この弁当箱には内側にパッキンなんぞついておらず、横にすればすぐにこぼれてしまうので、電車内で座るときはバッグの中で弁当箱を立てなければいけない。そうすると、膝の上に置いたカバンの中心が山になってしまい、丁度股間の上あたりがお山になるのである。まさかこれをモッコリさんと管違いする人はいないと思うが・・・あまりビジュアル的にも良くない。
 しかし、今ではそんなことではめげられないわけで・・・・なかなか複雑な思いなのである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック